本文へ移動

スタッフブログ

ブログ

未熟な言葉

2019-12-13
最近、鍛えなければならないと思うことがあります・・・(^―^* )身体ではありません。
それは、自分が発する言葉です。
意思疎通や仕事における業務内容の確認など、昨今メールやラインが普及されているとはいえ、やはり言葉による伝達方法が主流ではないでしょうか。
 
私自身ありがたいことに、たくさんの方とお話をさせていただく機会があります。
しかし、余程業務の具体的な話や、込み入った話でもなければ、その場で10分以上話すことは、稀だろうと思います。その10分間の中で自分の思っていることや伝えたいことを、言葉で相手に分かってもらうということは、至難の技のように感じます。
 
また社内業務で、私の言葉で社員に頼んでおいたことが、上手く出来ていないことがあります。
昔は、「えっ、なんでそうなるの?しっかり聞いてた?」などと思っていましたが、よくよく考えると、私自身が相手に、しっかり分かりやすく伝えきれていない未熟さに原因があることに、今更ながら気付きました。
 
伝える方は、自分に100%のイメージや思いがある訳ですが、相手は0%から聞き感じ取る必要があります。おそらく、文章に書き出したとしても、伝え手側が100%のイメージや思いを相手に伝えるのは難しいのではないでしょうか?
それを、短時間に言葉だけで相手にわかってもらうというのは、さらに難しく、伝える方が
相手に何を聞いてもらいたいのか、どうしたらしっかり伝えられるかの、多くを学ぶことが必要であると思います。
 
そして何より、言葉は時として使い方を間違えると、人と人との感情のもつれに発展しかねません。
 
言葉というツールは、非常に便利で使いやすいものですが、その反面、非常に不確かで危ういものであるということを認識することも大事な気がします。
 
日本人に生まれ「日本語が出来れば問題ない!」と
学生時代、英語を勉強しない(できないが本当かも)(*´艸`)理由にしていたのに、今になって、日本の言葉を鍛えなければならないと思うと、恥ずかしい限りです(´;ω;`)
 
 
株式会社本田建設工業
〒799-2652
愛媛県松山市福角町786番地
TEL.089-994-8891
FAX.089-994-8892
TOPへ戻る